マイホームを購入して

年前マイホームを購入しました。結婚当初から、私も主人も持ち家を持ちたいという意見は一致していました。

 

その目標のために、まずは頭金を貯めなくてはと切り詰めた生活を続けていました。

 

 

 

私は毎月のローンを心配して、中古住宅をリフォームするのが良いのではないか?と思い始めましたが、

 

主人が新築にこだわり、場所もこだわりが強かった為なかなか見つかりませんでした。

 

資金が豊富にあれば悩まなくて済むのですが私たちにはそれほど資金はありません。

 

正直私も探すのに疲れ始め、当初の予算よりオーバーになるが、主人が気に入った土地を購入することにしました。

 

幸い両家の資金援助もあり、なんとかマイホームも完成し現在も暮らしています。

 

 

しかし、目標を達成された為、私の気が少々緩み大幅な赤字を出してしまいました。

 

また、アパート暮らしにはかからなかった固定資産税もかかるので、もう一度気を引き締めて節約していかなければと思っているところです。

 

まずは、食費がもう少し削れればと思うのですが、子供が大きくなり食べる量も増えてきたので難しいところです。

 

節約レシピの情報をたくさん仕入れなければ・・

 

 

 

以前より少々主人の給料は上がったものの、子供が幼稚園に通い始めたりと出費も増えました。

 

まだ下の子が小さく私から離れることができないので外に働きにでることも難しいです。

 

なかなか楽になる日は来ないのですね。

 

 

 

35年ローンに愕然としますが、手放すことにならないよう頑張って行きたいです。

20代女子のお金の使い方

お金の使い方は人それぞれだなと常々思います。

 

同年代でも収入は格差があるし、未婚か既婚で生活環境・経済環境も異なるので当たり前なのですが。

 

 

私の友人には両極端な2人がいます。

 

その2人に接点はないのですが、私はそれぞれと話しているときに感覚を合わせるのでLINEなどを並行しているとわけがわからなくなってしまいます。

 

2人ともまだ独身ですが考え方も全く違います。

 

 

 

A子は私の大学時代の友人で、お洒落大好きなセレクトショップ店員です。仕事の関係もありますが、いつも流行最先端を身にまとっています。

 

洋服だけでなく髪型・髪の色、手足のネイルもばっちりです。さぞお金がかかっているのだろうと思います。土日にお金を借りることも多いそうです。

 

結婚願望は少しはあるみたいですが、カフェを開くのが夢だと言っていました。それなら貯金もしているだろうし、アパレル店員はそんなにたくさんお給料をもらっているのかと感心しました。

 

 

 

B子は高校時代の友人で、中小企業勤めのOLです。

 

私にとっては大切な友人の1人ですが、世間一般の目で見れば良くも悪くも普通な感じの女性だと思います。

 

ファストファッションで仕事着を着まわして、たまに趣味のライブやケーキ屋巡りに出かけています。

 

結婚願望は強いですが、もしものこのまま一生独身でいることを考えて貯蓄は多めにしていると教えてくれました。

 

 

 

A子は5000円のブラウスを安いとい、B子は高いと言います。

 

私は、特別安いとも思わないけど、着るならいいかな程度に思います。

 

きっとそれぞれ価値観はあると思うので、みんな腹の中で自分の価値観を抑えながら会話しているのかと思うと、人付き合いも大変だなと思います。